外国人がたくさん香水を使う理由

MENU

香水をつけるという文化

最近は日本でも「香水」をつける人が増えました。とはいっても、欧米ほど香水がオープンになっていなくて、まだまだ香水というものに違和感を抱いている日本人が多いようです。それを知っていても、申し訳ない気持ちになりつつも、外国人の方に言わせると香水はやっぱりやめられないようです。

 

香水を普段使いする外国人

アメリカ人やヨーロッパ人女性にとっての「香水」とは、日本人女性にとっての「メイク」のようなもの。外出する時には普通に香水をつけていますし、おしゃれな人は家にいる時も香水をつけています。TPOに合せていろいろな香りを用意している人も多く、「ふだん使うのはこの香水」、「天気がいい散歩日和にはこの香水」、「ここぞといった勝負の時はこの香水」など、色んな香りをコスメのように常備してスタンバイしています。寒い冬にはバニラ系、春は軽やかにフローラル系、夏はさっぱりとしたフルーツ系などと、香りを季節ごとにチョイスしている人も多いですね。

 

香水のTPO

日本では様々な「かおり」が混ざり合うことを嫌い、香り単体を好む人が多いようです。
たとえば、日本では「寿司屋」で香水をつける行為はマナー違反とされています。寿司屋ではお寿司の味やにおいを純粋に味わうのが目的ですので、香水などの食材以外のにおいがそこに混ざることに反応してしまい、著しい不快感を覚えるのです。

 

「寿司を楽しむために香水をつけないのがマナー」という感覚は、欧米人には新鮮な感覚のようです。欧米系の人は「食べ物の香り」より「香水の香り」の方を明確に優先させています。そういった香りに対する価値観の違いからか、欧米人にとっては「良いにおい」と感じられるような香りでも、日本人からすると「キツイにおい」に感じてしまうというギャップを生んでしまうのかもしれません。

 

香水のかおりがたくさんする理由

ヨーロッパの空港に降り立った途端、行き交う人々から色々な種類の香水のにおいが漂ってきます。さらに空港内に数ある免税店からも、香水の甘いにおいがふんわりと漂ってきます。それらの店では香水の「お試し」が気軽にできます。ですので、売り場は当然のこと、空港全体が甘い香りに包まれていると言っても過言ではありません。このようにヨーロッパでは複数の香水のかおりが交錯することが日常なのです。

 

外国人に対する香水の誤解

ところで、「欧米人はワキガや体臭がキツイので、それを隠すために香水をつけている」と言う人がヤフー知恵袋の回答者などでいたりしますが、それは誤解です。お風呂にほとんど入ることができなかった「昔」ならまだしも、最近では白人も黒人も韓国人も「香水」は体臭を隠すものではなく、完全に「おしゃれ目的」のためにつけているのです。