あなたは知っている?正しい香水の付け方

MENU

香水のポイントは2つ!

普段何気なく、香水を使用している人は多いと思います。しかし、香水の効果的な使用法を知ることによってより香水が楽しめるようになります。香水を楽しむポイントは、「タイミング」と「場所」の2点にあります。

 

香水を付けるベストタイミングは?

香水を付けるタイミングに最も適していると言われているのが、外出の30分前。その理由として、付け始めの香水は、香りがやや強めになっていると言う事が挙げられます。そして、香水がちょうど良く香りだすのが、つけてから30分後と言うわけです。
さらに、香水の香りは、付けてからの時間の経過によって徐々に変化していきます。香りの変化に応じ、つけるタイミングを変えるのも、香水を楽しむコツの1つといえるでしょう。
また、香水の種類によって香りが、持続する時間に変化が出てきます。
持続時間が長い方から順番に、パルファン・オーデパルファン・オードトワレ・オーデコロンとなっています。持続時間が一番長いパルファンは、5時間から半日継続し、最も継続時間が短いオーデコロンは2時間程しか継続しません。自分が使用している香水の種類と、その香水の継続時間を把握しておく事も、香水を楽しむコツと言えるでしょう。

 

 

つけるところによって香り方が異なってくる?

香水を付ける箇所によって、香り方に変化が出てくると言うのをご存知ですか? TPOを踏まえて、香りを使い分けるようにしましょう。

 

  • 耳の後ろ・手首の内側・うなじ等
  • これらの場所は、香りをしっかりと楽しみたいときにつけるようにしましょう。体温の高い箇所につけることがポイントになります。

  • 膝のうら・足首・太ももの内側
  • 香りをやわらかくまといたいときに、つけると効果的です。香りが上に行くことで、ほんのりと優しい香りを楽しむことが出来ます。

逆に、香水を付けるのを避けた方がよい場所は、「服の上」です。服の上から香水をつけてしまうと、服の色が変わってしまう原因になるからです。

 

 

香水の形状によって付ける方法が違う!

次に、香水ビンの形状ごとのつけ方のコツをご紹介します。今回は、2つのタイプの香水の形状をご紹介します。 

 

  • スプレータイプ
  • 香りをつけたい位置を決め、そこから10cm〜20cm離してバランスよく吹きかけるようにします。
    この時、最初は1プッシュのみにしておきましょう。

  • 香水瓶タイプ
  • 香水瓶にそのまま入っている場合には、つけたい部分に直接1滴たらします。もしくは、清潔な手に取ってからつけるのも効果的です。瓶を斜めにし、そこの部分をトンと叩くと1滴出てくるようになります。

 

香水のお役立ちグッズをご紹介

外出先で香水を楽しみたいときには、アトマイザーが便利です。アトマイザーとは、日本語で「香水噴霧器」のことを指しています。少量の香水を入れておき、外出先でも、シュッとひと吹きするだけで香りが楽しめます。