香水の香りは時間によって変化していく

MENU

3段階に変化していく香り

香水の香りは、一度付けると、ずっと変化しないと思いがちですよね。しかし、実際には付けてからの時間の変化に応じて、徐々に変化していくのです。時間の経過ごとに、3段階に変化していきます。それぞれ、「トップノート」「ミドルノート」「ラストノート」と呼ばれています。そもそも、この「ノート」とは、香りの持続性により、製油を分類したもののことを指しています。基本的な香る時間の目安として、トップノートは、5分〜10分・ミドルノートは、30分〜1時間・ラストノートは、3時間以上持続するとされています。

 

トップノート

香水をつけ始めてから、最初に発する香りです。やや強めの香りが特徴です。実は、トップノートの香りは、香水本来の香りではありません。香水をつけてから10分以内は、アルコールが完全に飛んでいないということが理由として挙げられます。その香水の最初の印象を決める為の重要な役割を果たしています。因みに、シトラスやレモン等の柑橘系・ベルガモットや、ラベンダーなどは香りが弱まるのが早い傾向にあります。

 

ミドルノート

その香水本来の香りともいえるのが、ミドルノートです。つけてから30分〜2時間程、継続していく香りであり、香水のテーマと言えるでしょう。3段階の香りの中で最も安定した香りとされています。全ての香りがバランスよく香ってくれる、香水のベストタイムと言っても過言ではありません。フローラル系・ローズなどの香りが良く立ちます。自分が心地よいと感じる香りの強さを覚えておくことで、より香水が楽しめるようになります。

 

ラストノート

香水をつけてから2時間後から、3時間以上まで香るのがラストノートです。ベースノートとも呼ばれる事もあります。香水の余韻を楽しめると言って良いでしょう。香水の種類によって持続する時間も異なってきます。フローラル系や、シプレー系が12時間継続するのに対し、動物系や、ウッデイ系の香りは、24時間ほど持続してくれます。他にも、使用する人の体温の変化によってもラストノートの持続時間に違いが出てくる事もあります。

 

3つの香りを効果的に使おう!

最後に、香水の香りの変化を効果的に使用する方法をご紹介します。まず、購入時に関するアドバイスです。
お店で香水を購入する際に、テスターなどで、シュッとひと吹きし、その香りが気に入って即購入!という方は多いと思います。しかし、この記事をお読みいただいたとおり、香水の香りは次第に変化していきます。つまり、付け始めの香りは好みでも、最後の方の香りは気に入らなかったということも考えられます。そこで、私が薦める香水の購入法は、店頭で香水のテスターを試してすぐに購入するのではなく、1日置いてみるという方法です。こうすることで、トップノートのみならず、ミドルノート、ラストノートの香りも確認する事が出来ます。
また、デートの直前、家を出る前に香水を付ける女性は多いと思います。しかし、香水が本領発揮してくれるのはミドルノート。つまり、デートの2時間前に香水をつけておいたほうが、男性にいいニオイをアピールできるわけです。