自分に合う香水をビシッと決めてバキッと選ぶ方法教えます!

MENU

購入目的を明確にしよう

香水に限らず、どんな商品でも目的がはっきりしないとアドバイスしにくいものです。香水を購入する明確な目的はありますか?もしあればそれを、もしなければそれを考えてコトバにして、メモするなり頭の片隅におくなりしておきましょう。
例えば「かわいらしさ」を演出したいときは、フルーツ系やスウィートなフローラル系がいいでしょうし、「アクティブな印象」ならシトラス系がオススメ…など、具体的な目的をハッキリさせてから百貨店などにいる専門知識のある店員さんに伝えれば、店員さんにイメージにかなり近いものを数点推薦してもらえます。

 

他にもどんな目的で使いたいのかなど、希望を伝えることで店員さんたちもアドバイスしやすくなります。目的として例えば以下の様なものもあります。

  • 清潔感を出したいから
  • 加齢臭対策に
  • 体臭対策に

 

ただし「意中の彼女の好きな香水」を聞き出して買ってきたとしても、その香りが「自分に合わない香り」で有れば意味がありません。
「売れているから」や「上位にランクインしているから」などを購入する理由にしてしまうのは、とても危険です。最低でも、自分が気に入った香りでなければ何も始まりません。何故なら、その香水をつけるのは自分自身なのですから。気に入らない香りを使い続けるのは、苦痛でしかありません。

 

 

ムエットにつける、自分自身につける、どっちがいい?

香水を3〜4種類試す際、それだけの複数の香水を自分につけてしまうと、自分の周囲で香りが混じり合ってしまって混乱します。
逆にムエット(匂い紙)なら混乱することなく個別の香りを評価できますが、それだけでは自分の体臭との馴染み具合が把握できません。
どちらの試し方も、一長一短があります。ですので、はじめはムエットで選び、見当をつけたら今度は自分に1種類だけ、もしくは1種類を左手に、もう1種類を右手につけて香りの変化を見る、といった方法をおすすめします。

 

 

香りは水もの、体調で変化

「靴は足がむくんだ夕方買いに行け」と、よく言われますが、「香水は体調が良い日の、疲れがまだでていない朝買いに行く」ということをおすすめします。
香水は、その時々の自分の気分や、周囲や状況や雰囲気などに、とても微妙に影響される商品です。その時々のシチュエーションに合う香水というのは、1種類だけでは足りなくなってしまうものなのです。ファッションと同じようにTPOに合った香水を場面ごとに使い分けることで、体臭をフォローできるだけではなく、周囲の人からの評価もグンと高まると思います。

 

自分に合う香水をビシッと決めてバキッと選ぶ方法教えます!記事一覧

 

オーデコロン持続時間は1〜2時間程度、香料の濃度は2〜5%ほど。かなり爽やかな香りが薄く、ライトに広がります。ヨーロッパでは、子どもでも付けるほどカジュアルなものです。スポーツの後やお風呂上がりなどのタイミングで付けるのがおすすめです。付けるときは、ある程度まとまった範囲に「面」で吹き付けるようなイメージで付けましょう。オードトワレ持続時間は2〜5時間程度、香料の濃度は5〜10%ほど。会社で使用す...

 
 

体臭を消すための香水?お手軽に体臭が消せるものとして重宝するアイテムが香水です。しかし、香水は選び方を一歩間違ってしまうと、体臭と混ざってとんでもなく不快な臭いになってしまうケースが多々あります。その原因は、体臭の種類によって香水と合う合わないの相性があるからなのです。体臭を生かした香水選び例えば、加齢臭やワキガが気になるからと、体臭対策としてちょっと香りがきつめの香水を何の考えもなしに付けてしま...

 
 

自分に合う香水を自作してみるエタノールと精油(エッセンシャルオイル)で、自分に合う香水を、手作りで簡単に作ることができます。香水の作り方はいたって簡単です。基本的に、無水エタノールに好みの精油を加えて混ぜ合わせるだけです。それを数日ほどなじませるだけで、完成です。香水の分類と作り方香水は、アルコールに対する精油(エッセンシャルオイル)の割合賦香率(ふこうりつ)によって、4段階に区別されています。精...