知ってるようで意外と知られていない香水の種類と使い方あれこれ

MENU

オーデコロン

持続時間は1〜2時間程度、香料の濃度は2〜5%ほど。
かなり爽やかな香りが薄く、ライトに広がります。ヨーロッパでは、子どもでも付けるほどカジュアルなものです。
スポーツの後やお風呂上がりなどのタイミングで付けるのがおすすめです。
付けるときは、ある程度まとまった範囲に「面」で吹き付けるようなイメージで付けましょう。

 

オードトワレ

持続時間は2〜5時間程度、香料の濃度は5〜10%ほど。
会社で使用するのにもオススメできますし、オーデコロンのように香りを楽しむこともできます。フォーマルからカジュアルまで、普段使いに最適なフレグランスです。
また、パルファンの下地として使うなど、使い方のアレンジがしやすい特徴があります。
付けるときは2〜4プッシュくらいで。「線」を意識して付けましょう。

 

オードパルファン

持続時間は5時間前後ほど、香料の濃度は10〜15%ほど。
パルファンと比べても遜色ないほど香りが持続します。しかも、パルファンに比べて種類も豊富で容量も価格もお得ですので「パルファンよりも気軽に付けられる」と、女性のあいだでとても人気が高いです。
パルファンに近いクオリティを持ちつつ、トワレのような爽やかさも持ち合わせていて、香りも深みがあります。TPOに合わせた使い分けにも充分対応できます。
付けるときは1〜3プッシュ程度で大丈夫です。付けすぎると香りがきつくなってしまうので、気をつけましょう。

 

パルファン

持続時間は5〜12時間程度、香料の濃度は15〜30%(中には50%を超えるものもあります)
正式に「香水」と呼べるのは、この「パルファン」のみです。最高ランクの香水のほとんどが、このパルファンです
香料の濃度が高いので、香りが強いのでは?と思いがちですが、質の良い香料が使用されているので、上品な香りに仕上がっています。香りに深みがあります。
かなり香るのでフォーマルなパーティなどにはこのパルファンがふさわしいとされています。
パルファンは基本的にスプレータイプではなく液体の状態で付けます。ですので、付けるときは「点」を意識してつけましょう。一滴を肌の一点に落とすような感じでも、充分に香りが広がります。