自分に合う香水をビシッと決めてバキッと選ぶ方法教えます!

MENU

体臭を消すための香水?

お手軽に体臭が消せるものとして重宝するアイテムが香水です。しかし、香水は選び方を一歩間違ってしまうと、体臭と混ざってとんでもなく不快な臭いになってしまうケースが多々あります。その原因は、体臭の種類によって香水と合う合わないの相性があるからなのです。

 

体臭を生かした香水選び

例えば、加齢臭やワキガが気になるからと、体臭対策としてちょっと香りがきつめの香水を何の考えもなしに付けてしまうと、逆効果になってしまう場合があります。
なぜかと言うと、加齢臭というのは皮脂による脂臭だからです。誤った香水を選んでしまうと、その脂臭を逆にきつくしてしまい、悪臭に変化させてしまうことがあるのです。ムスクやウッディ系の香りは、加齢臭と相性がとても悪いことで知られています。
加齢臭と相性のいい香りの代表としては、シトラス系の香りが挙げられます。例えばレモンやグレープフルーツなどのすっきりとしたフルーティなフレグランスは、ノーブランドでも加齢臭にとても効果的な香りです。
次にスポーツの後などの汗臭さに相性のいい香水としては、石鹸のさわやかな香りのものや、バラ、ラベンダーなどの華やかな香りなどがおすすめです。
ですが、香水を付ける際の注意点として、必ず清潔な状態で香水を付けるようにしましょう。そのためにはデオトランド消臭剤などの制汗剤で、臭いのもとを殺菌しておいてから香水を付けることが必要です。

 

香水の生かし方

香水というのは面白いもので、同じ香水を使っても、付ける人によってその人の臭いと混ざり合い、違った印象の香りがします。香水が、その人の体臭や体温によって変化をおこすのです。ですので、自分自身の気になる体臭と、どの系統の香水が相性が良いのかを知って、その中から自分に合ったものをイメージしながらチョイスするようにしましょう。

 

また、長い間香水をつけていると、次第に体臭の方が勝ってしまい、結果あまり良い香りがしなくなる、ということも考えられます。
このあたりについては、体臭と香水の関係や、香水の香りの持続時間などをよく知っておきましょう。