自分に合う香水を手作りしてみよう

MENU

自分に合う香水を自作してみる

エタノールと精油(エッセンシャルオイル)で、自分に合う香水を、手作りで簡単に作ることができます。香水の作り方はいたって簡単です。基本的に、無水エタノールに好みの精油を加えて混ぜ合わせるだけです。それを数日ほどなじませるだけで、完成です。

 

香水の分類と作り方

香水は、アルコールに対する精油(エッセンシャルオイル)の割合賦香率(ふこうりつ)によって、4段階に区別されています。

 

精油(エッセンシャルオイル)の濃度

  • 15%〜30%  オードパルファム(一般にいわれる香水)
  • 8%〜15%  オードパルファム(パフューム ド トワレ)
  • 4%〜8%   オードトワレ
  • 3%〜5%   オーデコロン

 

精油(エッセンシャルオイル)の滴数の出し方

無水エタノール10mlで香水(例えば15%)を作るとします。

 

必要な精油(エッセンシャルオイル)の量は、10ml×0.15=1.5mlになります。
精油(エッセンシャルオイル)1滴の量は0.05mlですので、1.5ml÷0.05ml=30滴になります。

 

ここで注意点がひとつ。香水(オードパルファム)は割合賦香率が15%〜30%です。しかし、だからといっていきなり最高濃度の30%の香水を作り上げてしまうと、肌への刺激がとても強くなってしまいます。ですので、最初のうちは15%ぐらいにとどめておいたほうがいいでしょう。

 

香水を自作するメリットとは

「自分の思い通りのイメージの香りの香水を作れること」も、もちろんあるのですが、動物性の香料や人工合成香料の入っていない、「100%植物性のアロマ香水(自然香水)」を自作することで手に入るのです。しかも初めての方でもさくっと作れてしまうという嬉しい簡単さ。
シンプルな作り方で、ほのかにふわっとやわらかい香りの優しい香水ができあがります。
体臭で悩んでいる方も、自分の好みで自分の体臭と相性の良い精油(シトラス系がおすすめです)を使って、気軽にマイ香水を作ってみましょう。精油(エッセンシャルオイル)はブレンドでなく単体でも構いません。